法律は、専門家や法律関連の職業に携わる方以外は、詳しい方は中々いらっしゃらないかと思います。しかしトラブルや解決できない問題が起きた場合には、最終的には万人が判断する基準である法的判断が関わることがあります。法律を指針に判断を仰ぐことや手続きなどで法律に関わる機会は多いかと思います。そんな時に法律に関することで、サポートしてくれるのが司法書士です。司法書士は、法律関連でお困りの方に、正しい法律の知識を以て登記業務や書類作成をメインに業務を行っております。こちらでは司法書士の仕事についてご紹介します。

【登記業務】

登記とは法に定められた事柄を、権利関係などを公示するために、登記所に備える登記簿に記載することを言います。登記には様々な種類があり、例えば不動産登記は不動産の売買や相続の際に土地、建物の所有権を明確にし、財産の所有者としての法的権利を確定します。商業登記は一般の方々、個人などに公示することによって、取引の安全性を図る目的などがあります。会社を設立する際は会社設立登記、会社を辞める際は解散・清算結了の登記、記載内容に変更が生じた場合は変更登記が必要になります。司法書士は様々な登記に対応しており、登記手続きのご依頼を承ることができます。

【簡裁訴訟代理業務】

司法書士の業務には、法律に関する書類作成の業務や簡裁訴訟代理業務などもあります。認定司法書士の資格を有している司法書士であれば、簡裁訴訟代理業務を行うことができ、訴訟額が140万円以下で簡易裁判所の事件については、弁護士と同様の活動ができます。

【相続に関する業務】

遺言書の作成支援や、相続に伴う戸籍等の書類の代行取得、土地、建物の所有権移転登記などを行います。相続について事前にご相談頂くことで、いざという時に、慌てることなく相続処理を進めることが出来ます。

【その他の業務】

離婚や財産分与、遺言書作成、相続登記、生前贈与、任意後見など相続や財産に関わる業務も司法書士の仕事です。ニーズの多様化により、今後の司法書士の業務の範囲は、拡大していくと見られています。司法書士の成年後見や相続などの分野での活躍もあり、将来的には現在弁護士がしている役割も、司法書士が担う部分が出てくる可能性もあります。

東京都立川に所在する私共の事務所では、任意整理、任意売却、債務整理、ブラックリスト調査など様々なご相談をお受けしております。法律に関することでお悩みでしたら、的確なアドバイスをいたします。まずはお電話でお問い合わせください。