亡くなったご家族が、生前に借金をしていたことが分かった場合、相続放棄をしたいと思われるかもしれません。しかし、その前に確認したいことがあります。それは過払い金が発生していないかということです。長期にわたり貸金業者と取引を行っていた場合、過払い金が発生している可能性があります。遺産相続に伴い請求できる過払い金について解説いたします。

借金の整理

被相続人(亡くなった方)が生前に貸金業者と取引をしていた場合、あるいは長期にわたって借金を返済していた場合、過払い金が発生しているかもしれません。その過払い金は、相続人が請求し受け取る権利があります。

過払い金の有無については、まず被相続人がどこから借金をしていたのかを調査します。遺品から契約書や利用明細書、キャッシュカードなどを確認するか、CIC・JICCなどの信用情報機関から被相続人の情報を入手します。業者が特定できた場合は取引履歴を取り寄せて、現在の借金や過払い金の有無を確認することが可能です。

相続人決定と書類作成

過払い金が発生している場合は、過払い金請求を行うことが可能ですが、まず相続人全員で協議を行い、誰が過払い金を相続するのかを決める必要があります。相続人全員で相続することも可能ですが、特定の人が相続する際は、その旨を記載した遺産分割協議書を作成しなければなりません。

相続人が過払い金を請求するときは、被相続人の出生から死亡時までの戸籍、相続人全員の戸籍、委任状(弁護士・司法書士などに委任する場合)を提出する必要があります。

返還請求の注意点

過払い金の有無を確認する前に返還請求を行うと、相続を承認したことになります。実は過払い金が発生しておらず負債のほうが多いと判明しても、相続放棄できない場合があるため注意が必要です。

また、被相続人の借金を一部でも返済した場合は、過払い金が発生していなくても相続放棄できない可能性があります。過払い金を請求する前に、資産と負債のどちらが多いのか慎重に調査する必要があります。なお、相続放棄ができる期限は、「自己のために相続の開始があったことを知った日から3か月以内」とされています。

相続人による過払い金の請求は、算定から回収まで困難な点が多くあります。まずは過払い金が発生している可能性について、専門家に相談されることをおすすめします。

ゆき法務事務所では、過払い金の調査・請求、遺産分割協議書の作成、相続人の調査、相続放棄など、遺産相続の一連の手続きをサポートします。過払い金の調査は、安心してご依頼いただくために全額返金保証を行っております。時効や費用などご不明な点がございましたら、無料相談フォームからお気軽にご相談ください。