ゆき法務事務所では、過払い金無料調査を行っております。過払い金返還までの期間は業者によって異なりますが、通常ご依頼から2~6ヶ月程度のお時間がかかります。こちらでは過払い金返還までの大まかな流れをご紹介いたします。過払い金無料調査、過払い金返還のご依頼の際には是非ご参考ください。

取引履歴の開示請求

弾き直し計算を行って過払い金額を確定するために、まず貸金業者に対して取引履歴の開示請求を行います。貸金業者は正当な理由なく債務者からの開示請求を断ることはできませんが、個人で請求するとなかなか応じない場合もあるため、司法書士事務所などを通じての開示請求が有効です。

引き直し計算・過払い金請求

取引履歴をもとに、過払い金がどのくらいあるのかを計算します。場合によっては非常に複雑な計算になるため、司法書士や弁護士に依頼された方がスムーズです。引き直し計算を行って過払い金額を確認した後は、請求書を作成して各債権者へ送付します。回答期限は2週間程かかることが多いです。

債権者との和解交渉

過払い金請求の意思表示を行った後、債権者との和解交渉が開始されます。弁護士や司法書士を代理人とする際には問題ありませんが、双方の主張する金額に差が出る場合は交渉期間が長引く可能性もあり、業者によっては揺さぶりをかけてくることもあります。一度和解が成立すると二度と請求ができなくなるため、慎重な判断が必要です。

過払い金返還請求訴訟の提起

和解が成立しない場合は、訴訟を起こすことができます。基本は簡易裁判所への提訴ですが、140万以上の訴額の場合は地方裁判所になります。裁判では数回の口頭弁論を経て結審となるため、2~3ヶ月程度の期間がかかります。途中で和解の申し出があり内容に納得する場合は、裁判を中断して和解することも可能です。

過払い金の返還

裁判で勝訴したり和解がまとまったりすれば、晴れて過払い金が返還されます。勝訴判決や和解成立から2~4ヶ月程度かかることが多いです。このような流れから、過払い金返還までの手続きを終えるまでは半年程度かかると予測されます。

ゆき法務事務所では、定期的に無料相談会を行い、全国の皆様から過払い金無料調査の依頼を承っております。過払い金についてご不明な点や返金保証についてなど、お気軽にご相談ください。事務所への来所が難しい方には出張相談も行っています。