過払い金の取り戻し訴訟に関する判例で、債務者に有利なケースが多く出ています。そのため、過払い金返還請求について一般的にも知られるようになりましたが、過払い金と税金の関係についてはよくわからないという方も多いと思います。損をしないためにも、正しい知識を身につけておきましょう。

過払い金に税金がかかる場合

過払い金請求では、何十万や何百万といった大金が手元に入るケースが多くあります。ですので、税金がかかるのではないかと心配される方もいらっしゃるでしょう。これはあくまでも過去に払い過ぎてしまったお金が返還されただけで、新たに所得が増えたわけではないため税金はかかりません。

ただし税金がかからないのは過払い金の元本で、5%の過払い利息をつけて請求した場合は利息分が税金の対象になることがあります。

過払い利息と税金の関係

過払い利息は過払い金を取り戻した年度の収入として雑所得に算入され、この合計が20万円を超える場合に税金がかかります。ただ、会社に勤めている方と自営業者ではいろいろと状況が変わってきます。

個別具体的な事案に関しては、税務署や税理士にご相談ください。

過払い金請求は専門家に相談を

過去に払いすぎてしまったお金に利息がついて戻ってくるのは、とても嬉しいことです。しかし本人請求の場合、利息まで受け取るのは簡単ではありません。ほとんどの貸金業者は、利息をつけない金額でないと和解に応じません。より多くの過払い金・過払い利息を取り戻したいという方は、過払い金無料相談などを利用して早めに専門家へ相談することをオススメします。

ゆき法務事務所では過払い金無料相談を実施しており、お身体の不自由な方や事情があって来所が難しい方には出張相談を行っております。また、税理士をご紹介することも可能です。全額返金保証制度もありますので、お気軽に過払い金無料調査をご依頼ください。この他に債務整理の方法提案や、ヤミ金対応なども行っております。お客様目線で独自のサービスを提供しておりますので、困っていることがありましたらお問い合わせください。