最近、銀行カードローンを利用する方が増えています。銀行カードローンは、金利も低めに設定されていることが多く、総量規制がかからないため、気軽に利用しやすいことなどが影響しています。

しかし、銀行カードローンも、借入額が大きくなると、支払いができなくなることがあるので、注意が必要です。

銀行カードローンの支払いが苦しくなった場合には、債務整理が有効な手段となります。
以下では、銀行カードローンの返済が苦しいときに、債務整理によって解決する方法を解説します。

1.銀行カードローンの利用が増える理由

銀行カードローンは、他の消費者ローンと比べると、年率が少し低く設定されています。銀行以外の消費者金融などの場合、金利は年率18%程度になることが多いですが、銀行カードローンの場合、15%かそれ以下になることが多いです。

100万円以上なら、12%程度で利用できるカードローンもあります。
また、銀行カードローンは、借金の総量規制の対象になりません。

借金の総量規制とは、年収の3分の1を超える借金をすることができないという規制で、借入の際に収入証明書の提出が求められます。

これにより、消費者金融やカード会社、信販会社などの貸金業者からの借金は大きく制限されることとなります。

これに対し、銀行は総量規制の対象外なので、すでに多くの借金をしている人でも、銀行カードローンであれば、利用することができるのです。

このようなことから、最近銀行カードローンを利用する人が増えています。

2.銀行カードローンのデメリットと注意点

しかし、銀行カードローンにも、デメリットや注意点があります。

1つめに、金利が低めとは言っても、それなりに高い利息がつくことです。年率15%というと、1年で1.5割の利息が発生するということですから、金利が数%の車のローン等に比べるとかなり高い利息ということがわかります。

借りた金額が大きいと払う利息も多額になるため、返済をしても元金がなかなか減らず、完済するために長い期間がかかることになります。

また、銀行カードローンを利用すると、保証会社がつきます。

銀行カードローンの貸付者(債権者)は銀行ですが、借り入れた人(債務者)が、常に最後まで順調に返済を継続するとは限りません。

そこで、債務者が支払をしない場合に備えて、ほとんど必ず保証会社を入れます。銀行以外の消費者金融の会社が保証会社となることが多いです。

そこで、支払を滞納すると、保証会社が銀行に対して代位弁済をして、銀行に代わって債権者となった保証会社が一括で残債務の支払い請求をしてきます。

また、自分が銀行口座を持っている銀行に対して支払を2~3ヶ月滞納してしまうと、銀行口座が凍結されて、口座内の預金と相殺されてしまう可能性があります。

3.銀行カードローンは、債務整理の対象になる

銀行カードローンの支払いができない場合、債務整理によって解決することができます。

債務整理とは、法的に借金を整理する方法の総称です。

債務整理には大きく分けて3種類があり、いずれかの手続きを利用することで、ほとんどの借金を解決することができます。

銀行カードローンの場合、状況に応じて「任意整理」か「個人再生」、「自己破産」という方法を使って債務の整理を行います。

3-1.銀行カードローンを任意整理するメリット

任意整理は、弁護士・司法書士が依頼者の代理人として債権者と直接話合いをすることにより、借金の利息を0%にしてもらい、元本だけを3~5年程度で返済していく方法です。

銀行カードローンの場合、金利は消費者金融などよりは少し低いですが、それでも年率10%程度にはなりますし、100万円以下の借金なら15%近くになることも多いものです。

任意整理をすると、こうした利息の支払をカットできますし、返済期間も延ばすことができるので、毎月の支払金額を大きく減らすことができるのです。

すると、無理なく支払いを続けて、完済することも可能となります。

3-2.銀行カードローンで個人再生するメリット

次に、個人再生について、説明します。

個人再生は、借金額を元本ごと大きく減額する手続きです。

裁判所に申立をして、再生計画案を認めてもらうことが必要です。元金の減額ができることと、手続に裁判所が関わる点が任意整理と大きく異なる点です。

個人再生をすると、利息だけではなく、元本も大きくカットしてもらえることが大きなメリットです。

たとえば、500万円までの借金なら、他に目立った財産がない場合、最高100万円にまで借金を減らしてもらうことができます。

また、住宅ローンがある場合には、要件を満たせば住宅ローンを残したまま他の借金だけを減額することもできるので、自宅を維持することが可能となります。

住宅ローン借入れ後、ついつい銀行カードローンを使いすぎてしまったというケースなどでは、非常に有効な対処方法となります。

3-3.銀行カードローンで自己破産をするメリット

自己破産は、とても有名な債務整理手続きです。裁判所に自己破産の申立をすると,借金返済義務をなくしてもらうことが可能です。

銀行カードローンやその他の借金が大きすぎて返済できそうもない場合、収入がないので支払ができない場合などには、自己破産をすると、一挙に解決することができます。

 

4.銀行カードローンを債務整理するときの注意点

銀行カードローンを債務整理するときには、注意点があります。それは、債務整理を開始したタイミングで、カードローンを利用している銀行の口座が凍結されることです。

口座が凍結されるため、引き落としや出金、振込などができなくなってしまいます。

口座から光熱費や電話代の引き落としをしている場合、給料の振り込み口座にしている場合、引き落としや出金ができなくなり、不都合が生じます。

銀行カードローンを債務整理する前には、光熱費等の支払方法を変更し、給与振込口座も別の銀行の口座へ変更しておくと良いでしょう。

 

ゆき法務事務所は、カードローンの債務整理をはじめとして、各種の債務整理を非常に得意とする事務所です。銀行カードローンの支払いについてお困りの場合には、是非ともお気軽にご相談ください。