債務整理を考えている方の中には、誰に相談すればいいのかわからないという方も多いと思います。
債務整理は主に弁護士か司法書士に依頼します。
弁護士は依頼人の代理人として申立などを行うのに対し、司法書士は「書類作成の代理人」として依頼人の代わりに書類を作成してくれます。
司法書士は書類の準備だけと思われがちですが、破産申立書の提出による免責決定までサポートを行います。
こちらでは債務整理を司法書士に依頼するメリットについてご紹介します。

料金が安い

司法書士に依頼すると、弁護士に依頼するよりも料金が安くなります。
債務整理の料金が高すぎると、自分で専門的な手続きなどを行うことになってしまうので、債務整理の目的を達成できない可能性もあります。

取立を止めることができる

司法書士に債務整理を依頼すれば、その日で金融業者からの取立を止めることができます。
司法書士が債権者に委託受任通知を送付すると、債権者は請求や取立をしてはいけないと法律で定められています。
すぐにしつこい取立を止めてほしいという方は早めに司法書士に依頼すると良いでしょう。

スムーズに債務整理が進む

司法書士は専門家として豊富な知識があります。
書類の作成から債権者との交渉まで、その豊富な知識を活かしてスムーズに債務整理を進めていくことができます。
依頼に応じて最適な方向で債務整理を進めていくことで、両方が納得できる債務整理ができます。
金融会社が改ざんした書類にだまされることもありません。

東京で債務整理の相談をしたい方は是非私共にお任せください。
司法書士事務所として、借金の問題や相続の問題、不動産の問題など、幅広い相談に対応できます。
法律のことはやはり難しいことが多いので、長く悩む前に早めにご相談ください。