自己破産や個人再生、任意整理などの手段を取り借金を整理する方法のことを債務整理といいます。法律に則って借金を整理していきますが、この債務整理をすることで、家族にどのような影響を与えてしまうのでしょうか。

【家族に内緒で債務整理はできるか】

債務整理が開始されると、債権者からの請求は止まり、手続きに必要な連絡も事務所宛に送られてきますので、債務整理をすることで家族に迷惑がかかることはありません。また当所にご依頼頂いた場合、連絡方法を事前にご相談できますので、ご家族に内緒で処理をすることも可能です。

【配偶者や家族の支払い義務】

借金を負うことで、家族に何らかの迷惑を与えてしまうことがあります。例えば、サラ金など金融業者が債務者の家族に対して支払い請求をしてくることがあります。しかし、家族でも保証人や連帯保証人、連帯債務者になっていなければ、法的に支払う義務はありません。しかし、保証人や連帯債務者になってしまっていたら支払う義務は発生してしまいます。これは離婚したとしても同じです。

【亡くなった債務者の借金返済義務】

亡くなった方の財産は配偶者や子などの相続人に相続されますが、不動産などのプラスの財産だけではなく、借金などのマイナスの財産も相続されてしまいます。そのため、相続人の方へ借金の支払い義務も相続されます。しかし、相続人は、相続放棄や限定承認などの手続きをすることで、支払い義務を避けたり、支払い金額を軽減することができます。

【本人に内緒で家族が債務整理できるのか】

ご家族の借金についてお悩みの方もいらっしゃると思います。ご家族の借金を何とかしようと思っていても、ご本人様の同意が得られないまま勝手に債務整理をすることはできません。ご本人様とよく話し合い、債務整理の手続きをする必要があります。

債権債務や借金問題についてのご相談なら、司法書士がいる私共の事務所で対応させていただきます。JR立川駅からも近いので、東京都八王子市や国分寺市からもアクセスしやすくなっております。東京都内にお住まいの方は、気軽にご相談いただきたいと思います。ご相談の料金は無料となっております。