2600人以上の方にご依頼頂いています

債務整理といっても大きく分けて3種類の手続があります!

一口に債務整理といっても大きく分けて3種類の手続があります。どの手続をとるかは、最終的にお客様の実際の債務の額や収入のバランスによって変わってきますので、手続を選択するには専門家に相談が必要です。しかし、法律上解決できない借金はなく、段階の違いはあれど、次のいずれかの手続をとることにより解決できるように法律が整備されていますので、まず専門家に相談してみることが大切です。

完全無料過払金の調査から始めてみる

債務整理を希望するお客様の中には、利息を多く払いすぎていて、債権業者に過払金の請求を行い、払い過ぎた利息を回収することで債権が少なくすること出来るお客様が存在します。
まずは無料で行なえる過払金の調査から始めることオススメいたします。

任意整理に向いている方

  • 1
  • 消費者金融やクレジットカード会社に今現在返済中で、支払が厳しく返済方法の見直しが必要な方。または月の利息が大きく、利払いが膨らみ債務の元金が全然減らずに困っている方。
  • 2
  • 業者に対する返済は問題なく進んではいるが、過払い金が発生している可能性があり、このまま返済を続けていっていいかどうか不安を感じている方。

個人再生に向いている方

  • 1
  • 現在債務の支払が困難で、債務の額が多額の為、任意整理によっても解決が困難で、債務の減額が必要な方。
  • 2
  • 支払いが不能な為、本当は自己破産の手続きをとりたいが、破産による資格制限や、手放すことのできない資産(持家等)があり、破産が困難な方。
  • 3
  • 住宅ローンを除外して債務整理を行いたい方。
  • 4
  • 債務の支払が不能だが、破産だと響きが悪いので手続きに抵抗がある方。

自己破産に向いている方

  • 1
  • 現在債務の支払が不能で、特に大きな資産を所有してない方。
  • 2
  • 一度債務をゼロにして、人生を再スタートさせたい方。

上記のいずれかの債務整理手続を行なうことにより、必ず債務問題は解決できるように法律が整備されていますので、1人で悩むのではなく、まず専門家に相談してみることが大切でしょう。

是非、ゆき(結絆)法務司法書士事務所にご相談下さい。

お電話でのお問合わせ-フリーダイヤル 0120-844-110
お問い合わせフォームへ