個人再生とは、借金の返済が苦しくなった方が裁判所に申し立てをして大幅に債務を少なくしてもらい、少なくなった返済金額を原則3年で返済していくための手続きです。自己破産のように全ての債務が免責になるわけではありませんが、住宅や車などを手放さずに手続きができるという点が大きなメリットです。住宅を手放さなくてもいいので、家族にも大きな迷惑になりません。しかし、個人再生の手続きはどのように進められるのでしょうか。

【個人再生の申し立て】

まずは、当所より債権者へ介入通知を送付致します。このとき、債権者は債務者に対して直接取立てができなくなります。その後債務調査をし、必要な書類を作成して地方裁判所で申し立てを行います。特に不備がなければ再生手続きの開始決定になります。

【債務額の決定と再生計画案の作成】

利息制限法に基づき引き直し計算を行い、債務額を特定します。払い過ぎた利息があるなら、過払金の返還請求を行っていきます。また、債務をどのくらい圧縮して、どのくらいの期間で返済していくかなど、今後の支払方法を定めた再生計画案を作成します。

【再生計画案の審議と認可】

再生計画案を作成したら、裁判所へ提出し審議されます。債権者は再生計画案に反対の意向があるなら、定められた期間内に反対する旨の回答をします。特に反対の意見もなく、また反対意見が債権者の半数を超えていない場合は、再生計画案は可決され、認可決定が出されます。

以上が個人再生手続きの大まかな流れとなっています。しかし、個人再生といっても、主に自営業の方を対象とした小規模個人再生と、会社員の方が対象の給与所得者等再生がありますし、手続きはとても複雑ですので、安心して手続きを進めるためにも詳しくわかる専門家にご相談していただくことをおすすめします。
東京に事務所を構えている私共でも、個人再生について相談することが可能です。基本料金などの費用に関すること、どのように進められるのか、といった詳しいことについてはまずはお問い合わせください。立川市や八王子市、町田市などのエリアへの出張相談は無料となっております。