(株)日本信用情報機構(JICC)

申請者 本人
郵送による開示手続き 1.信用情報開示申込書

ホームページより申込書を利用

2.手数料

1,000円(税込)

※名前ごとに開示手数料が必要。

3.本人確認資料

手数料の支払方法により1点または2点

本人確認書類詳細 (1) クレジットカード(ご本人名義)でお支払の場合 以下1点

A.運転免許証

B.写真付住民基本台帳カード

C.パスポート

D.身体障害者手帳

E.在留カードまたは特別永住者証明書

F.各種健康保険証

G.各種年金手帳

H.印鑑登録証明書

I.戸籍謄本または抄本

J.住民票

※A~G:氏名、生年月日、住所がわかるようにコピー(有効期限内のもの)

H~J:発行日から3か月以内の原本

(2) 定額小為替証書でお支払いの場合

1点でよいもの (有効期限内のもののコピー) 

A.運転免許証または運転経歴証明書

B.写真付住民基本台帳カード

C.パスポート

D.身体障害者手帳

E.在留カードまたは特別永住者証明書

2点必要なもの

A.各種年金手帳のコピー

B.印鑑登録証明書の原本

C.戸籍謄本(または抄本)の原本

D.住民票の原本

登録情報開示報告書の見方について PDFダウンロード

(株)シーアイシー(CIC)

申請者 本人
郵送による開示手続き 1.信用情報開示申込書

ホームページより申込書を利用

2.手数料

1,000円(税込)定額小為替証書

※名前ごとに開示手数料が必要。

報告書の到着まで10日程

3.本人確認資料 2種類

本人確認書類詳細 以下の郵送A群から1点、郵送B群から1点の合計2点を添付

A郡

(1) 運転免許証のコピー

(2) 運転経歴証明書のコピー

(3) パスポートのコピー

(4) 各種障がい者手帳のコピー

(5) 在留カードのコピー

(6) 特別永住者証明書のコピー

住民基本台帳カード(写真付)のコピー

(7) 各種健康保険証のコピー

(8) 各種年金手帳のコピー

B郡

(1) 住民票(本籍の記載がないもの)

(2) 印鑑登録証明書

※上記1,2については、作成日より3ヶ月以内の原本

登録情報開示報告書の見方について PDFダウンロード

全国銀行個人信用情報センター

申請者 本人
郵送による開示手続き 1.登録情報開示申込書(代理人用)

ホームページより申込書を利用

2.手数料

1,000円分の定額小為替証書

※名前ごとに開示手数料が必要。

3.本人確認資料 2種類

4.方法

ご本人が必要書類等をセンター(東京)に郵送いただき、センターから本人開示書面を本人限定受取郵便【特例型】 (簡易書留をご希望の場合は、簡易書留)でご自宅に郵送する方法             

本人確認書類詳細 いずれか2種類(うち1種類は現住所を確認できるもの)を同封

A.運転免許証

B.運転経歴証明書(平成24年4月1日以降交付のもの)

C.パスポート

D.住民基本台帳カード(氏名、生年月日の記載があるものに限る)

E.外国人登録証明書、在留カードまたは特別永住者証明書

F.各種健康保険証

G.公的年金手帳(証書)

H.福祉手帳(証書)

I.戸籍謄本または抄本

J.住民票

K.印鑑登録証明書

A~H:氏名、生年月日、住所がわかるようにコピー (有効期限内のもの)

I~K:発行日から3か月以内の原本

登録情報開示報告書の見方について PDFダウンロード

完全無料過払金の調査から始めてみる

債務整理を希望するお客様の中には、利息を多く払いすぎていて、債権業者に過払金の請求を行い、払い過ぎた利息を回収することで債権が少なくすること出来るお客様が存在します。
まずは無料で行なえる過払金の調査から始めることオススメいたします。

お電話でのお問合わせ-フリーダイヤル 0120-844-110
お問い合わせフォームへ

東京の立川市等の多摩地区にお住まいの方で過払金返還請求について相談されたい方がいらっしゃいましたら、私共の事務所にご相談ください。法律関係の知識を踏まえ、お客様にとって最善の道を提案させていただきます。