「ブラックリスト」は、実は存在しません。

「ブラックリスト」は、実は存在しませんイメージ世間では、クレジットカードや借入が遅延したりすると、「ブラックリストに載る」といいます。しかし、実際には「ブラックリスト」というものは存在しません。クレジットカードを作ったりローンを組んだりした場合、顧客情報が「信用情報機関」に登録されます。
しかし,ある一定期間返済が滞ったり、債務整理手続をしたりした場合、「事故記録」として登録されます。

実際にはブラックリストというリストは存在せず、信用情報に「事故記録」が登録されている状況を「ブラックリストに載っている」と表現しているだけなのです。

信用情報機関について

信用情報機関と種類

融資に関わるあらゆる情報を記録しているのが、「信用情報機関」です。信用情報機関には3つの組織が存在しており、それぞれの機関で融資の利用状況を記録しています。

業態の違いから信用情報機関は以下のように分類できます。

  • ◇JICC(株式会社 日本信用情報機構) … 消費者金融系
  • ◇CIC (株式会社 シー・アイ・シー) … 信販(クレジット)系
  • ◇全国銀行個人信用情報センター    … 銀行・信金・信組・農協系

上記の信用情報機関は相互に情報を共有しています。ブラックリストと聞くと、怪しい組織をイメージしてしまいがちですが、信用情報機関は怪しい組織ではありません。信用情報に事故情報が載ってしまうとお金が借りづらくなる負のイメージはあるものの、それぞれの収入に見合った融資限度額を設定する手助けをしてくれていたり、お金を借り過ぎていたりする人へ過剰融資を未然に防いでくれる等、私たちを守ってくれている側面もあるからです。

信用情報機関があるから、我々は安心してクレジットカードの利用ができているともいえます。

信用情報に登録される内容
  • 氏名、生年月日、住所、自宅電話番号、勤務先名、勤務先住所、勤務先電話番号など
  • 借入金額、入金日、入金予定日、残高金額、完済日など
  • 長期延滞(約3ヶ月以上)、任意整理、個人再生、自己破産、特定調停など(※事故記録)

信用情報は自分で調べることができます

金各信用情報機関に登録されている自分の信用情報は確認することが出来ます。
開示方法、問合せ電話番号をご確認下さい(下表参照)。

信用情報機関 開示方法 電話番号
JICC(消費者金融系) 郵送 ・ スマートフォン ・ 窓口 0570-055-955
CIC(信販系) 郵送 ・ パソコン ・ スマートフォン ・ 携帯電話 ・ 窓口 0570-666-414
全国銀行個人信用情報センター 郵送 0120-540-558
※ 各信用機関のHPに詳しい案内がご確認頂けます

事故記録が登録されると

信用情報機関に事故記録が登録されると、新たな借入れをする際に影響が出ます。新規に借入ができなくなるだけで、それ以外の影響はありません。事故記録はあくまでも「個人の金融取引に関する情報」ですので、基本的に勤務先、家族、親類等への影響もありません。

信用情報は融資の審査にしか利用されませんので、今後借入をしない場合は誰かの目に触れることもない為、生活する上でデメリットは一切ありません。

事故情報が登録される期間は「一定期間」(下表参照)です。その期間を過ぎれば事故記録は削除されるため、新規にクレジットカードの発行を受けたり、ローン等が組みやすくなります。
しかし、融資の審査については、信用情報の記録のみで行われるわけではなく、申込者の収入や勤務先・年齢・資金用途等、諸々の事情を考慮して行われるものなので、信用情報が正常だからといって、必ず借入ができるわけではありませんので、注意が必要です。

登録期間の目安
事故記録理由 期間
3回以上支払いが滞った 5年
任意整理 5年
個人再生 5~10年
自己破産 5~10年

過払い請求と事故記録

数年前まで過払い金請求をすると「契約見直し」という事故情報が個人信用情報に記載されていました。しかし、払い過ぎていたものを返してもらうだけで事故情報が記載されないよう、金融庁の要請により、平成22年からは過払い金請求をしても事故記録が登録されないようになりました。その結果、すでに完済している業者に過払い金請求をしてもブラックリストに載ることはなくなりました。

現在残高が残っている(返済中)場合は、ケースによって結果が異なるので注意が必要です(下表参照)。

登録期間の目安
よくあるケース 事故記録
すでに債務を完済している場合 登録されない
債務が残っている状態から手続を開始し、その結果、債務ゼロもしくは過払金の返還を受けた場合 ①最初から登録自体をしない場合が多数
②一部の業者では一時的に登録された後、和解締結後に当該情報が削除される
債務が残っている状態から手続を開始し、債務整理手続が終わった後も債務が残る場合 登録される

社内ブラックとは

社内ブラックとはイメージ俗に言われる「社内ブラック」とは、その会社内だけで保有している記録にネガティブな情報が記録されている状態を言います。

この社内ブラックになると、“その会社に関してのみ”借入等の審査に通りづらくなります。信用情報の事故情報と違いは、基本的に他の会社の審査に影響しない点です。
カード会社は、各金融機関で共有している「信用情報」は見ることができますが、「他の会社の個人情報」を勝手に見ることはできないため、他の系列のカード会社では通常通り審査が受けられることになります。

一度過払金の請求をした会社から再度借入ができるかどうかは、その会社の方針次第になります。

完全無料過払金の調査から始めてみる

債務整理を希望するお客様の中には、利息を多く払いすぎていて、債権業者に過払金の請求を行い、払い過ぎた利息を回収することで債権が少なくすること出来るお客様が存在します。
まずは無料で行なえる過払金の調査から始めることオススメいたします。

お電話でのお問合わせ-フリーダイヤル 0120-844-110
お問い合わせフォームへ

東京の立川市等の多摩地区にお住まいの方で過払金返還請求について相談されたい方がいらっしゃいましたら、私共の事務所にご相談ください。法律関係の知識を踏まえ、お客様にとって最善の道を提案させていただきます。