ブラックリストとは金融事故の情報のこと

ブラックリストとは金融事故の情報のことイメージブラックリストと聞いてどんなイメージがありますか?おそらく、多くの方が要注意人物の情報を載せているリスト、といったイメージをお持ちかもしれません。ところが実際にはブラックリストというものは存在せず、世間でブラックリストと言われているものは簡単にいうと顧客の信用情報のことをいいます。金融期間でローンを組んだり、クレジットカードを作ると、申し込みをした顧客の情報が信用情報機関に登録され、プラスの情報もマイナスの情報も同じように登録されますので、借金返済の延滞などの金融事故が起こるとその情報も一緒に登録される仕組みになっています。この登録された金融事故の記録が俗にブラックリストと呼ばれています。なので決して危ない人達がリスト化されているわけではなく、個々の独立した情報の中の取引に関する情報のことがブラックリストと言われているのです。その為、「ブラックリストに載る」とは、つまり取引の事故情報が信用情報機関に登録されている状況を指します。

金融業者はこれらの個人情報を共有しており(必ずカード等申込書の約款に同意条項が記載されています)。顧客から融資の申し込みをされた金融業者などは、その信用情報機関の情報を参考に融資の可否を決定しています。

ブラックリストに載ってしまうケース

ブラックリストに載ってしまう(信用情報に事故情報が登録されてしまう)代表的なケースとしては以下です。

  • ◇3ヶ月以上の支払延滞
  • ◇債務整理手続の開始
  • ◇保証会社からの履行
  • ◇破産再生手続の申立
  • ◇強制解約

上記は一例です。
自分で気づかないうちに事故情報が記載されてしまう場合もあるので、特に過去に心当たりがないのに、なかなかローンが組めなかったり、クレジットカードの審査が通らないようなことがあるなら、信用事故情報の調査をして確認することができます。調査をするためには、ご自身で信用情報機関から情報を開示請求する必要があります。お時間の無い方、ご面倒な方は、当所にて信用情報調査の代行を行っておりますので、お気軽にお申し付けください。

過払い金の請求とブラックリスト

払い過ぎた金利は過払い金返還請求出来ます

過払い金の請求とブラックリスト イメージ金利を余分に金融業者に支払っている場合、過払金の返還を請求できる可能性があります。過去に払い過ぎたお金を計算し取り戻す手続なのですが、以前はこの返還請求をすることで事故情報(ブラックリスト)に登録され、以降の借り入れが難しくなっていました。しかし、近年この情報の登録が廃止されたため、気にせず過払金返還請求をすることができるようになっております。ただし、債務が残っている状態で請求をしてしまうと、一時的に信用事故情報として登録をされてしまう恐れがあります。

心配な方は事前に過払金の無料調査を行うことをお勧め致します。なお、当所では完全無料で過払い・債務調査を行っております。

完全無料過払金の調査から始めてみる

債務整理を希望するお客様の中には、利息を多く払いすぎていて、債権業者に過払金の請求を行い、払い過ぎた利息を回収することで債権が少なくすること出来るお客様が存在します。
まずは無料で行なえる過払金の調査から始めることオススメいたします。

お電話でのお問合わせ-フリーダイヤル 0120-844-110
お問い合わせフォームへ

東京の立川市等の多摩地区にお住まいの方で過払金返還請求について相談されたい方がいらっしゃいましたら、私共の事務所にご相談ください。法律関係の知識を踏まえ、お客様にとって最善の道を提案させていただきます。